眠れないので書く

研究者見習い

どこかに光があるもんだ

待ちに待ったライブが近づいてきたのでセットリストを予想してみよう(25曲という数はFESTIVARENAを参考にした)

  1. ホタル
  2. ハチミツ
  3. ナナへの気持ち
  4. ヘビーメロウ
  5. ハチの針
  6. ロビンソン
  7. 旅の途中
  8. オパビニア
  9. 夕焼け
  10. 歌ウサギ
  11. 冷たい頬
  12. アパート
  13. 群青
  14. スピカ
  15. 恋のうた
  16. TRABANT
  17. スターゲイザー
  18. 夜を駆ける
  19. スパイダー
  20. 俺のすべて
  21. 1987→
  22. サンシャイン
  23. 放浪カモメはどこまでも

メジャーな曲を多めにしたので5曲くらい被るのではないだろうか!

タイトルは夏らしくスピッツの「ナンプラー日和」より

どんなに上手く行かなくても、光を探して淡々と頑張るしかないのだ。

鮮やかに明けそうで

7月5日発売だったのにこれまで時間が作れず、ようやく2006-2017のベストを購入することができた。新曲3つの内2曲がYouTubeで公開されていたため、「歌ウサギ」を聴きたいがために買ったようなものだったが、これが本当に良かった。

イントロからして泣きそうだし、Cメロも美しい…。「清々しい堕落」というフレーズが変わらないスピッツを感じさせる。渚など今までの曲を思い起こさせる言葉があったり、1987→に繋がる歌詞もあちこちにちりばめられたりしていて、何度も何度も聴いてしまう。

ということで是非ライヴで聴きたいなぁと思っている次第である。 

研究の方は相変わらず出口の見えないトンネルの中だが、夜明けを目指して腐らず頑張ろう…。

タイトルはスピッツ「歌ウサギ」より

蒼くて涼しい水槽の部屋

ヘビーメロウのMVがついに公開されたので毎日聴いている。確かな未来がいらないのがスピッツなのだ。いつもそう…。

6月も半ばとなり「水中メガネ」が沁みる季節になってきた。作詞は松本隆だが、ゆらゆらと浮き上がるような出だし・切ないサビ・ひっそりとした終わり方、何もかもが好きだ。Chappieバージョンも味わい深くておすすめ。

4月以降全てにおいて驚くほどに進捗が無いので頑張らなければ。このままでは学生生活が無になってしまう。

タイトルは「水中メガネ」より。真夏の夜、冷房のよくきいた部屋で電気を落としてこの曲を聴くとき、何より私を寂しくさせる一節。

 

 

 

 

研がない強がり

この時間に聴く「夜を駆ける」以上の曲を私は知らない。吸い込まれるようなイントロが流れてきた途端、思考が停止してしまう。

しかしながら「夜を駆ける」が好きだと断言するとき、「(それでも私はやっぱりよくある赤い糸がいいです)」と心の中で補足してしまうあたり、歳を感じるような陳腐な幼さを感じるような複雑な気持ちになる。

スピッツの刹那的で壊れそうなことばは芸術的な美しさを感じさせるけれども、その世界観に心酔するには私は歳を取り過ぎているしまた同時に未熟すぎる。

私は一瞬の脆い輝きよりも、くすんだ温かい安寧に憧れる。研究者には、向いていない…かも…。(冗談)

タイトルはもちろんスピッツ「夜を駆ける」より。夜勤と日勤を行ったり来たりする日々がもうすぐ終わる。

鉛色に輝く

iPodを使い始めてしばらく経ったのでトップ25を見てみたら

1醒めない

2ナサケモノ

3放浪カモメはどこまでも

4アカネ

5コメット

6ブチ

7初恋に捧ぐ

8聞かせてよ

9どんどどん

10田舎の生活 (LOST IN TIMEによるカバー)

11HOLIDAY

12たまご

13君と暮らせたら

14花の写真

15ヒビスクス

…となっていた。「醒めない」収録曲が多いのは「醒めない」を連続再生にしたままの状態でiPodを病院のロッカーに半日放置していた日があったためだと思われる。しかしその半日にランキングが影響を受けてしまうということは、まだ聴き込みが足りないのではないかと推察される。正確な順位を出すためには1年くらい待ってみる必要がありそうだ。

実験の結果・考察・今後の方針みたいな文章になってしまった。これだからラボ畜はだめだ。

タイトルはスピッツの「魚」より。もともと大好きな曲なのだが、なぜだか今日はいつになく沁みたから。

春休みが終わってしまったので、明日も病院と研究室をせっせと往復しよう。

 

 

眠れない夜更けに

親しい人にとって自分が交換可能な存在であるかもしれないと思うのは非常につらい。
しかしそれは常に、一面的には真実だ。どんなに仲が良くても、そのときにはかけがえがないと思っても、ふとしたことで疎遠になり、結局他人になってしまうことはいくらでもある。というかそういうことばかりな気がする。

今大切な人達に対して、そうならないことを願い、努力することが何より大事なのは言うまでもないが、その現実を突きつけられたときに壊れないように日々鍛練することも重要だなぁとふと思う。誰かにとって価値のある人間であることを生き甲斐にするのは危うい。一人で楽しく打ち込めることを自力で探し出さねばと思う。結局人は独りぼっちから逃れられない。

タイトルはスピッツの「幻のドラゴン」より。
水を一杯飲んで飛び出したい気分ではあるが、外は凍えるほど寒いし明日も朝から手術見学である。
駄文を書き連ねたところでいい加減寝よう。

足りないもの自問して

二つ以上のことに没頭できたら、それは没頭とは言わないのだろうか。

日が昇る前に起きて、お弁当作って家を出て、カンファに出て時に爆睡し、カルテを書き勉強しオペを見学し、日が沈むころ研究室に向かい、実験をし解析をし帰宅しお弁当箱を洗って寝る。

得るものは日々あるし、周りの人たちにも恵まれて楽しい毎日ではある。しかしやはりどう考えても、全てが中途半端である。

考えることをあきらめないことが肝心だ…

 

久々に無駄な夜更かしをしているのでスピッツ関連で何か書こうと思ったのだが、忘れてしまった。とりあえず30周年記念ツアーには何としてでも行きたい。

10月くらいによく聴いていた「あかさたな」を最近またリピートしている。「ずっとそばにいるから ベイビー」というスピッツらしからぬ?歌詞が妙に印象に残る。いつかアルバムに入れてくれないかなぁ。

タイトルはスピッツの「ブチ」より。好きすぎてまたタイトルに採用してしまった。

好きだよすごく~♪