読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠れないので書く

研究者見習い

水の色も風のにおいも変わったね

平日の夜は繁盛しているお店も金曜日の夜はとても空いていて、ちょっと泣きそうになった。

めいめいが楽しくのんびり過ごす夜、ひとり早々と夕飯を済ませ、とぼとぼと冷たい家に帰る。

「思い出で散らかった部屋」で自分と向きあう週末になりそうだ。

タイトルはスピッツの「君が思い出になる前に」より