読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠れないので書く

研究者見習い

雨上がりの匂い想う

眠れないという時間ではないが、抄読会も試験も終わり一息ついたところで何となく書いている。

色々追われに追われているときは、「暇になった暁には電車で一人ふらっと海でも見に行こう」などといつも妄想するのだが、いざ時間ができると結局ちまちま論文を探したり年末の某試験の勉強をしたり家でごろごろしたりしている。旅に出るのは「今はまだ難しいけど」といったところか。

 

タイトルはスピッツの「海を見に行こう」より。この付近の歌詞があまり聴き取れていなかったのだが、改めて調べたら非常に綺麗な情景描写で気に入った。雨上がりつながりだと、新曲「ハチの針」の「虹よりさらに鮮やかに」のところがとても好き。